○○系日本人という表現をすべきでない理由

○○系日本人という表現をすべきでない理由――

それは「○○系」が、日本という存在を否定する呼称だからである。
その理由は日本という国が存在している原理を考えてみれば分かる。

この国が日本として存在している理由…それは人々が日本文化が実践しているからである。
人々による日本文化の実践がこの国を日本という国に見せている。そしてそのような人々を日本人と呼ぶのである。

ところが○○系日本人とは、自分の祖先は日本人ではないという主張であって、つまり日本の歴史文化と自分は無関係だという主張である。 彼らは日本文化よりも○○文化の方を重視して実践する。やがてこの国は日本ではなく○○民族の国に見えるようになっていくだろう。(→アメリカの多文化主義の歴史――るつぼからサラダボウルへ(1)

このように考えると○○系日本人とは、日本を日本たらしめている実践的原理を否定するものであることがわかる。

かつて日本に「渡来」した人々は、代々日本名を名乗ることで自分の祖先(○○系)を忘却し、日本史を「われわれの祖先の歴史」と思うようになって、「普通の日本人」となった。(cf.→E・ルナンの国民概念

ところが○○系は、「自分の祖先を忘れない」という主張であり、日本人には同化しないという主張である。○○系はこのように国民統合の原理に反しているのである。*1

以上により「○○系日本人」という呼称は語義矛盾であって、用いるべきではないことが理解されよう。(了)

*1) ○○系は、アメリカのリベラル勢力が好んで使う呼称だが、黒人でありながら積極的差別是正措置(affirmative action)に反対しているWard Connerlyは、○○系アメリカ人という言葉を引き出したいNYT記者の質問に対して、次のように答えている:「あなたはどういう人ですか?」「私はアメリカ人だ」「いえ、いえ、そうじゃありません!あなたはどういった人ですか?」「いや、いや、そうなんだ!私はアメリカ人だよ」「そういう意味ではありません。あなたはアフリカ系アメリカ人だと伺いました。 アフリカ系アメリカ人であることを恥ずかしく思うのですか?」「そんなことはない。ただアメリカ人であることに誇りをもっているだけだ」。Connerlyはそこで自分の祖先には、アフリカ人、フランス人、アイルランド人、そしてアメリカ先住民(インディアン)がいたことを説明し、対話は次の言葉で終わった。 「そうなると、どういう人になるんですか?」「生粋のアメリカ人だよ」。(『分断されるアメリカ』23頁)
アメリカでは多文化主義により○○系が強調されるようになった結果、かえって○○系ごとの社会分断が起きてしまった(→関連資料参照)。Ward Connerlyはそれに反対している一人なのである。

〔参考文献〕
『分断されるアメリカ』 サミュエル・ハンチントン 2004年(単行本) ※今は文庫版も出ています。 ◆楽天 ◆Amazon