あなたが何者であるかを決めるのは、あなたの自意識ではない

あなたが何者であるかを決めるのは、あなたの自意識ではない。

もし自意識が基準だとすると、たとえば資格試験は不要になるし(自己申告でよくなる)、
ストーカーは自動的に対象の恋人になってしまうし、60歳が20歳として結婚相談所に登録する「権利」も生まれてしまう。
自己暗示でイチローと思いこめば、テレビ局に乗り込んで野球解説もできてしまう。
もちろんこれはおかしなことである。
(現実の世界はそうなっていない。人間の世界はそのようなルールにはなっていない。では、どうなっているのか?)

あなたが何者であるかを決めるのは、あなたの自意識ではなく、振る舞い(見え方=doxa)である。
たとえば「英語が上手な人」とは、「上手だ」という自意識の持ち主のことではなく、実際に英語が上手な人のこと、つまりそのように振る舞うことができる人のことであろう。

虎が李徴と見なされたのは、自意識が李徴だからではなく、振る舞いが李徴だったからである。
イチローがイチローなのも、外見がイチローだからではなく、振る舞いがイチローだからである。
竹食ってたらパンダだが、鮭食ってたら熊だと疑われるのである。(たとえ白黒でも)

銭形はその振る舞いからルパンの変装を見やぶるが、ある意味人間は皆銭形なのである。
李徴であれ、イチローであれ、パンダであれ、人間は対象の外見そのものではなく、その振る舞いによって正体を判断しているからである。*1

椅子が椅子なのも、自意識が椅子だからではなく、椅子として「振る舞う」ように(人間によって)作られているからである。
このように振る舞い(doxa)を基準にすれば、認識の矛盾は起こらない。 (人間は振る舞いを誤らない)*2
自意識を世界の起点としたのは近代西洋(デカルト)の誤りである。*3
(終)

*1) 外形的に観測できることを基準に、その対象が何ものであるかを判断するという考え方を「行動主義」(ギルバート・ライル)という。ライルはウィトゲンシュタインの「言語ゲーム」(示すこと=振る舞い)を重視している。なおA・チューリングが考案したチューリングテストも、振る舞いのみが評価の対象であり、身体と別に自意識なるものがあることは想定されない。(自意識があったとしても、評価の対象とされない)
*2) なぜ誤らないかというと、人間が振る舞い(そしてその認識)を誤らないようなところに「世界(現実)」は生じているからである。これを言語ゲーム論における「規則と実践の逆転」という(→§規則と実践の逆転―ウィトゲンシュタイン・言語ゲーム(1))。 ――このように振る舞いを基準にすれば、認識は自然と一致するので、誰も何も強制されることはない。 振る舞いに対する認識の一致を世界(現実)の基準とすること、それが人間世界のルールなのである。自意識を基準とする近代主義(→*3)はこの「人間のルール」に反している。
*3) 「世界」に対して自意識(なるもの)に特権を認めるのが西洋の近代主義である。一方、自意識に特権を認めないのが「ポストモダン」である。日本は(というか西洋以外は)ずっとポストモダンである。近代主義は西洋の特殊思想であって、なんら普遍的なものではない。
近代主義以降、西洋では、人間の自意識を世界の起点とすることこそが「ヒューマニズム」であると見なしてきた。しかしこの「近代ヒューマニズム」はエゴイズムである。 自意識に特権を認めず、振る舞いに対する「非主体的な判断の一致」(見え方=doxa)を世界の基準とするポストモダンこそ、本当のヒューマニズムである。「近代ヒューマニズム」(近代主義)はヒューマニズムに反している。
なお註*1で触れたチューリングテストは、西洋が長年とらわれてきた、この近代主義的人間観からの脱却、すなわちポストモダン的人間観への転換を、無自覚のうちに内包している。(チューリングテストを、単にAIがどれだけ人間に近いかを測定するテストにすぎないと見るのは、その歴史的意義の矮小化である)