「理由」は本当の理由ではない――社会政策の陥穽

本当の理由は「感情」である

「理性は感情の奴隷である」
18世紀の哲学者D・ヒュームの言葉だが、人間とは感情に振り回されるものだという通俗的解釈がなされていることが多い。

それも間違いではないが、しかしこの言葉の本当の意味は、感情がなければ人間は行動を決定できないということであり、それゆえに自己の行動の「理由」とされるものは、じつはすべて後付けの理屈の、でっちあげ(*1)にすぎないということなのである。

感情が行動を決定している――人間のこうした心理特性は、たとえば次のエピソードにも現れている。

「僕は落語家になって6年目のある日、若き日の談志師匠のやった『ひなつば』のテープを聞いてショックを受けたんです。(中略)同じ年代の頃に談志師匠がやった落語のクオリティーの差に、もうどうしようもないほどの衝撃を受けたんです。決して埋まらないであろう差がわかったんです。そしてしばらくして落語を辞めました」

黙って聞いていた家元が一言。
「うまい理屈が見つかったじゃねえか」

僕はうまいことをいうつもりなんかなかった。ヨイショをするつもりもない。(中略)あわてて「本当です!」といい返したが「そんなことは百も承知」といった風に家元の口から出た言葉が凄かった。

本当だろうよ。本当だろうけど、本当の本当は違うね。まず最初にその時のお前さんは落語が辞めたかったんだよ。『あきちゃった』のか『自分に実力がないことに本能的に気づいちゃった』か、簡単な理由でね。もっといや『なんだかわからないけどただ辞めちゃった』んダネ。けど人間なんてものは、今までやってきたことをただ理由なく辞めるなんざ、格好悪くて出来ないもんなんだ。そしたらそこに渡りに船で俺の噺があった。『名人談志の落語にショックを受けて』辞めるんなら、自分にも余所にも理屈が通る。ってなわけだ。本当の本当のところは『嫌ンなるのに理屈なんざねェ』わな」

図星だった。もちろん『ショックを受けて辞めた』ことは本当だし、嘘をついたり言い訳をしたつもりなどなかったが、(中略)10年もの間、いの一番に自分がだまされていたものだから、完全には飲み込めていないけど。

いろんな物や人が好きな理由にしたってそうだ。「家庭的だから」「目が綺麗だから」「平井堅に似てるから」「さっぱりしてるから」「デザインに丸みがあって、堅い材質の中にも温かみがあるから」。そんなもの理屈だ。本当の本当は「好きだから」以外の何ものでもない。それらを嫌いになる理由も「時々寂しそうな目をするのに気づいた」「そのやさしさが窮屈になってきて」なんていうのは理屈もいいところで、「ただなんとなく嫌いになった」ということだ。

伊集院光『のはなし』~「好きな理由」の話より

人間が何か(A)をするときには、このように必ず感情が理由に先行している
この逆がありえないのは、感情がなければそもそもAしないのであって、従ってその理由Bも存在しないからである。
つまりAする「本当の理由」は感情であって、理由Bではない。

Aを<しない>ときも「本当の理由」は感情である。
お金がないからそれをしないと言う人は概して、お金があってもそれをしないし、時間がないからそれをしないと言う人は概して、時間があってもそれをしない。 (例:読書、旅行)
つまり結局Aしようとする感情がない(弱い)からであって、やはりBは「本当の理由」ではない。

こうした事実からわかるように人間の行動を決定しているのは<合理的な理由>ではなく感情であり、*2
それらしい「理由」は、じつはすべて後付けのこじつけにすぎないのである。

社会政策の陥穽

さて、この<人間の行動を決めているのは感情である>という事実から重要な示唆が得られる――それはAという行為を社会的に実践させようとする場合に、なにかしら合理的な条件(B)を探して、それを整えればAがなされるだろうと考えるのは間違いだということである。
Aさせるための理由(B)を見つけようという発想は、根本的に間違っているということである。

では、Aという行為を社会的に実践させるには、どのような社会政策を採ったらよいのか。 それは感情をそのように仕向ける政策、すなわち「Aをするのが常識である」という感情(感覚)をもたせるような政策を採ることが必要である。

たとえば以下のものなどは、その「感情」の具体例になるだろう。それぞれたいした理由はないにもかかわらず(商業的な陰謀!である)、なぜか社会的に為されているものである。
こうした行為が社会的に為されるのは、それをすることが「常識」「あたりまえ」という感情が定着しているからである。

・土用の丑の日  ・クリスマスは子供にプレゼント  ・結婚指輪は給料三ヶ月分

何らかの方策により「Aするのが常識」「あたりまえ」という感情が社会に定着すると、Aは社会的に実践されるようになる。そうなると最早Aすることが普通となって、むしろAしない人の方に違和感・反感を覚えるようになる。*3

社会政策を考える際に陥りがちな過ちは、Aするという常識(感情)がないのに、条件Bを整える政策(たとえば収入を増やす政策)をとってしまうということである。 条件Bを整えてAがなされるのは、Aするのが「常識」という風潮(感覚)があるときだけであって、Aする常識がない(弱い)ところにBだけ整えてもそれは社会的には実践されない。(個人の好き嫌いでなされるのみである)

さて、筆者が本稿で主張したいことは、そうした新しい<常識>を社会に定着させるにはどうしたらよいかという方法論ではない。そんなことができるような一般的良策(魔法)を筆者は持ち合わせてはいない。

そうではなく、ここで言いたいことは、

(1)既に述べたように、Aさせたいのであれば、理由Bを探してそれを整えようとするより前に、まずAする常識(感情)を社会的に定着させる方策を考えなくてはならないということ。(社会政策の順序を間違えてはならないということ)

(2)常識を定着させることは大変に難しいことなので、すでに社会に「常識」「あたりまえ」のものとして(せっかく)定着している(望ましい)慣習(A)は、それが毀損されないように注意しなくてはならない、Aするのが「常識」「あたりまえ」という感情(感覚)が、無条件にいつまでも続くと思うのは油断であるということ。(あるいは油断をした結果、失ってしまった「常識」があるのではないか?ということ)

ということである。

今日の社会政策論争においては、まず(1)が踏まえられていない議論が多いと感じる。
たとえば少子化問題について、(世論調査等で収入が「理由」とされていることを根拠に)収入を増やすことで解決するはずだとか、あるいはその他なんらかの条件Bを整えれば解決するといった種類の議論がそうである。(→少子化対策は2.0を念頭において議論すべき―日本の少子化議論の誤り

また(2)について、たとえば古文・漢文の学習をするという「常識」(感情)があるからこそ、この国は日本たりえていることを考えずに、時代に合わないから廃止せよ(選択制にせよ)といった安易な「合理主義」が叫ばれたり(元号廃止論も同じ)、*4*5
あるいは家族というものですら、社会を運営するために人間が実践的に築きあげてきた慣習(常識)にすぎないのに、「多様性」という標語によって――とくに学問的で理念的な見地、つまり実践的・人間的な根拠をもたない見地から――価値観変更が叫ばれたりする。*6

人間というものは社会的に「常識」(感情)を作り上げ、また次の世代がその「常識」(それを実践することが自明であり普通であるという「感情」)を身につけることによって社会を営んでいる。
作り上げてきた「常識」に対して「あたりまえ」という感覚(自明・普通)が失われてしまえば、それがどんなに長期にわたってなされてきたことでも社会的にはなされなくなってしまう。*7

そうなってしまえば条件Bをいかに整えようとも、それをしろといくら(狭義の)教育をしようとも無駄である。 なぜならそれはもはや「常識」「あたりまえ」ではなく、単なる<個人の嗜好>(単なる趣味)となってしまっているからである。

社会は<個人の意志>によって成立しているのではなく、非意志的で自明的な実践(「普通」)によって成立している。
自明性(普通)がその社会の輪郭をあらわしている。
すべてが<個人の嗜好>と化し、すべての輪郭を失なった社会は、もはや「混沌」以外の何物でもない。

社会を維持し、その社会をその社会たらしめている原理――無意識の自明性(普通)――を損なってしまえば、その社会はその社会として存続できなくなり、やがて消滅ないし混沌の中に回帰していくことになるだろう。

(終)

*1) 人間が行動の理由を「でっちあげる」例としては、ジョナサン・ハイト『社会はなぜ左と右にわかれるのか』にある「無害なタブー侵犯ストーリー」(p.24,p.48,p.78等)などを参照のこと。 筆者なりに「でっちあげ」の例を挙げれば、消費期限切れのおにぎりでも踏んではいけない(感情)理由として「食べ物を粗末にしてはいけない」などと理屈になってない理屈(つまりでっちあげ)を言ってしまうことなどがそうである。
*2) 感情がなければ行動を決定できないことについては同書「ダマシオの発見」(p.71-72)、ヒューム『人間本性論』第二巻§3.3など参照。
*3) この違和感(拒否感)のことを社会学の用語で社会的事実と言う。(社会的事実については拙稿→リベラルの盲点は道徳資本―ジョナサン・ハイト『社会はなぜ左と右にわかれるのか』
*4) 「古文・漢文を学ぶのは自明である」―という意識が人々から失われてしまった社会を想像してみよう。それはどのような社会だろうか。それは「外国」である。 廃止論・選択制論によってもたらされる致命的な結果とは、古文・漢文の知識の喪失はもとより、<古文・漢文はわれわれの古典であり、それを学ぶことは常識である>という社会的な通念(普通)の消失である。 このことに直観的な危機感をもつ人は、古文・漢文が必修であることについて、たとえば教養だから、何かの役に立つからといった効用面から「学ぶ理由」の擁護を試みる。それも正しいが、しかし本当の本当は、もしこの社会的な自明性(「それが普通」)が失われれば、やがて我々は古典を意識しなくなって、われわれたりえなくなるのではないかという危機感(感情)それ自体にある。(→日本人の定義―われわれはわれわれであり続けることができるか
――古文漢文を必修にできるのは、世界で<日本人の学校>しかない。国土の上の、津々浦々の学校でそれが「普通」であることが、この国がまぎれもなく日本であるという現実を支える実践的事実の一部をなしている。この意識(感情)が失われ、単なる選択(嗜好)となった土地から徐々に「日本」ではなくなっていくことになる。(→参考資料)
*5) 現状、たとえば日本の歴史をろくに知らない人でも元号というものは知っている。しかし元号を廃止してから数世代のち、元号という存在を知らないような時代が、もはや遠い過去のことのような気がする時代が到来したとき、元号と天皇というものが古より我々の世代まで続いているという、今日の我々が持っているこの半ば無意識の感覚(自明性)が薄れる可能性があるのではないか。それは「日本史がわれわれの歴史である」という意識の弱体化にも繋がりうるのではないか。
*6) たとえば男が女子供を養うという規範(感情)を、その発想ごと失った人々の社会が最終的にどのような状態になるか、よくよく想像してみるべきだろう。
*7) たとえば雛祭鯉幟を祝うことや七歳から就学することは、われわれにとっては「普通」なことであり、将来もずっと続くだろうと思って多くの人が油断をしているが、しかしそれらも社会的に作り上げてきた「自明性」にすぎず、「多様性」を許容することなどによってこの自明性が失われれば、それらはなされなくなる。

〔参考文献〕
『社会はなぜ左と右にわかれるのか』 ジョナサン・ハイト 2014年(原著2012年)  ◆楽天 ◆Amazon
『人間本性論』 第二巻 D・ヒューム  ◆楽天 ◆Amazon